ライフスタイル

【体験記】雨の日のディズニーランドに3歳児と0歳児を連れて行った話(持ち物リスト付き)

子連れ雨の日の東京ディズニーランド

こんにちわ、熊倉マリ(@araiguma_mom)です。
先日、家族とディズニーランドに行ってきました。
もうすぐ4歳になる3歳児と0歳6ヶ月の子供を連れてです。
当日はあいにくの雨…。
ですが、社畜の夫はこの日しか有給が取得できなかったので、
やむを得ず強行したのでした。

本記事では、雨の日の子連れディズニーの体験記雨の日の持ち物をご紹介します。

はじめに

私たち夫婦は年に1回くらいディズニーリゾートに遊びに行きます。
比較的ライトユーザーですね。
(雨の日のディズニーランドは今回が初。)

ディズニーランド・シーは4歳になると入園料(\4,800)がかかるそうなので、3歳のうちに!と半ば強引に計画を立て向かいました。

ハロウィンイベント始まったばかりだった為、平日にも関わらず結構な混雑具合でした。

雨の日のディズニーランドはこんな感じ

雨の日のワールドバザール入口の人混み(開園30分後)
金曜日平日、開園の30分後(9:30)に入園。
あ、あれ?今日って平日だよね・・・?

雨の日のワールドバザールの人混み(開園30分後)
めっちゃ混んでるし、普段ならやっている開園ゲート近くのキャラクターグリーティングもやっておらず。
ハロウィーンのイベントが始まったばかりだからなのかな・・・?

トゥーンタウン内の洗濯物モニュメントとモンベルのカッパ

ひとまず3歳児が楽しめるトゥーンタウンとファンタジーエリアあたりをウロウロ。

雨のせいか、アトラクションは混んでいました。
トゥーンタウンにレインコートを着たデイジーさんが突如出現!
雨の日東京ディズニーランドのデイジー
急いで写真を撮りに!
普段とは違うコスチュームで、3歳の娘も「可愛いね~~!!」と大興奮。
雨の日限定の嬉しいイベントでした。
写真撮影ですが、スタッフさんが整理券を渡してくれたのでスムーズに写真を撮ることが出来ました。
(前はキャラクターに人が殺到して一緒に写真を撮るのも一苦労だったけど、最近は改善したってことなのかな?)

0歳児の休憩

0歳児は完母の為、何回か授乳室&おむつ台を利用しました。
インフォメーションセンターよりトゥーンタウンのほうが広くておすすめです。

トゥーンタウンのベビーセンター

トゥーンタウン近くのベビーセンター
入口。青の建物で、比較的分かりやすいです。


授乳室は10部屋くらいありました。

トゥーンタウン近くのベビーセンター内
ベビーセンター内では
・固形ミルク
・哺乳瓶
・離乳食
・赤ちゃん用のおやつ
・飲み物
・日焼け止め
が購入出来ます。
忘れてしまった時も安心ですね。

トゥーンタウン近くのベビーセンターの調乳場
ミルクを調乳する場所。

トゥーンタウン近くのベビーセンター内、離乳食コーナー
子供に離乳食をあげる場所も広々しています。

インフォメーションセンター近くのベビーセンター

インフォメーションセンター近くのベビーセンター
インフォメーションセンター近くのベビーセンターです。
中は人が多かったので、写真撮影は控えました。
トゥーンタウンのベビーセンターのほうが広く、人も少ないです。

失敗談

0歳児が爆音に号泣

抱っこしてれば大丈夫だろうと思って一緒にアトラクション(ミッキーのフィルハーマジック)を観賞したら、暗いわ、大きい音が出るわ、水や風が出てくるわで0歳児号泣
途中で抜けることも出来ず、親子共に非常に苦痛なものとなってしまいました…。
それからは、0歳児組はアトラクションに乗せず、ゆったりとお土産をみたりしていました。
パレードは興味津々にみていました。
刺激が強すぎかな?と思いましたが、
それ以上に疲れたのか夜はぐっすり眠りました。

パレードの場所取りリサーチ不足

事前にどの場所で観るか考えていなかったのと、レジャーシートを持っていなかったので適当なベンチに座って待っていましたが、
良い場所(キャラが止まって踊る場所)で観るためには事前リサーチとレジャーシートが欠かせないと思いました。
リサーチをせずとも、キャストの人にどの場所がおすすめなのか聞いても良いですね。

雨の日に準備したほうが良いもの

雨の日用グッズ

・タオル
・カッパ
・傘
・長靴(予備の靴)
・レジャーシート(雨でも必要)
・抱っこ紐
・ベビーカー&ベビーカーのレインカバー
・防水の袋(大きめ)

タオル

とにかく濡れるのでフェイスタオルを一人一枚くらいあると安心です。
でも、いざとなったらお土産屋さんの中で可愛い柄のものを買えるので、二枚くらいでも大丈夫と思います。

カッパ

人数分あると安心です。
私たちは今回0歳児がいたので、抱っこするほうが傘をさす想定で、
大人1人分のカッパと3歳児のカッパだけでした。
これが実際に着用していったmont-bell(モンベル)のカッパ。おしゃれで最強。
トゥーンタウンのミニーの家(ハロウィーンver)
しっかりと水分をはじき、なおかつおしゃれ。
「THEカッパ着てます!」な感じにならず、
写真映えもしますね。オススメです。

ディズニーの為に買ったわけじゃないのですが、
今回とっても役に立ちました!
クシャクシャ畳んでコンパクトになるので、
色んなシーンで活躍します。

私たちは大きい傘1本、折りたたみ傘1本を持っていきました。
結果的に、大きい傘1本で良かったです。折り畳みは使いませんでした。
抱っこ紐で0歳児を抱っこしているほうが傘をさし、抱っこしていないほうと3歳児はカッパ という使い分けでした。

長靴

1日中雨ならば、必須です。
私たちは、午前だけ雨の予報だったのでアメダスをスニーカーにスプレーするだけで乗り切れました。

レジャーシート

「雨だからショーやらないよね、ひかないよね。」
と家に置いてきてしまったのですが、
持ってくればよかったです。
午後から雨が止んだので、レジャーシートが必要でした。
夕方頃になると全員疲れ果てて、
ベンチでハロウィンパレードを待ちながらぐったりしていました。
レジャーシートがあればもっと良い場所からパレードを観れたかな~、と思います。
とりあえず晴れでも雨でも持って行ったほうがいいですね。

抱っこ紐・ヒップシート

小さい赤ちゃん・お子様の場合の必需品です。

ベビーカー&ベビーカーのレインカバー

0歳児の為にベビーカーを持って行ったのですが、
ほぼ3歳児が乗っていました。
もちろん3歳児・普段はベビーカーはもう乗らないのですが、
ディズニーランドは死ぬほど歩くので、
あっという間にクタクタになります。
ベビーカーの上で昼寝をしました。
持って行って本当によかったです。
ベビーカーで行くなら、レインカバーもあったほうがいいです。

ディズニーランドでも売ってると思いますが、
雨の中探すのは大変だし多分高い。

防水の袋(大きめ)

私たちは貴重品以外のものを不繊維の袋にボンボン入れてたのですが、
中の衣類・タオルが少し濡れちゃいました。
雨の日の持ち物を入れるバックは防水機能があると良いです。
IKEAのチャック付き収納袋とかが良さそう。

ベビーカーのフックに下げれるタイプのものが良さそうです。

まとめ・感想

雨の日でもディズニーランドは混むし、
子連れともなると荷物が多くなってめちゃくそ大変でした。
大変を覚悟の上で、参戦することをおすすめします。
ですが、心構えさえあれば、きっと楽しい1日になると思います。

ではまた!