スキンケア

【iHerbレビュー】おすすめ保湿クリーム2選「Cetaphil」VS「Cerave」【赤ちゃんも使える】

大容量・低刺激クリーム比較

0歳児次女より皮膚の弱い長女4歳児。
年中肌は乾燥しがちです。
夏は夏で汗疹だったりするので、年中保湿剤はかかせません。
本記事では、我が家が家族全員で使っている保湿剤「Cetaphil(セタフィル)」と「CeraVe(セラヴィ)」を紹介&比較します。

【2019年】iHerbおすすめ商品(スキンケア編)でも紹介しております。
こちらの記事
2019年iHerb(アイハーブ)で買って本当によかったもの
【2019年】iHerbで買って良かったおすすめ商品まとめ【リピート必須】2019年もiHerbでよく買い物をしています。 日本で買うと高い、WELEDA(ヴェレダ)やnature's gate(ネイチャーズ...

大容量保湿クリームがおすすめな理由

長女4歳児は0歳児の頃から肌が弱いです。
お医者さんからはアトピー性皮膚炎の予備軍といわれ、とにかく保湿することを推奨されています。
病院で軟膏(アズノール、プロペド等)は処方されているのですが、ぜんっっっぜん足りません。
お風呂上りに全身に塗ったくりです。
朝も保育園前にぺとぺと塗ってます。
2歳くらいまでは皮膚面積が少なかったので「ユースキンS」のローションとクリームを愛用していたのですが、大容量ボトルがないので、コスパが悪かったです。
本当に1ヶ月ももたないので、容器がもったいないなぁと思っていました。

熊倉マリ
熊倉マリ
塗った後ベタベタしないし、娘の肌にとても合っていて良いけどコスパがなぁ・・・

というわけで「大容量」「低刺激」「赤ちゃんから使える」保湿クリームを調べて、使ってみて、本当に良かった保湿剤2選に出会えたのでここに紹介します。

「Cetaphil Moisturizing Cream(セタフィルモイスチャライジングクリーム)」「CeraVe Moisturizing Cream(セラヴィモイスチャライジングクリーム)」です。

「Cetaphil(セタフィル)」のレビュー

Cetaphil Moisturizing Cream(セタフィルモイスチャライジングクリーム)

製品コンセプト

Cetanol(セタノールという皮膚の保護成分)+phil(愛する)という意味から生まれたセタフィル
肌トラブルに悩む人々のために開発したスキンケアブランド。
皮膚科学に基づいた低刺激な処方で、誕生以来70年以上に渡り乾燥肌や肌トラブルに悩む方々にも愛されているとか。

Cetaphil Moisturizing Cream(セタフィルモイスチャライジングクリーム)

Cetaphil Moisturizing Cream(セタフィルモイスチャライジングクリーム)

こってりとしたクリームで、のびはまあまあ。
塗った直後はベタベタするけど、2~3分後にはシットリ肌になります。
このクリームの良いところは、夜間もしっかり乾燥からしっかり守ってくれて、翌朝すべすべの肌になっていることです。
長女は肌が乾燥すると痒くなってしまうので、夜中無意識に書き壊したりするのですが、お風呂上りにしっかり塗ると、掻き壊す事がなくなりました。
ただ、既に掻き壊してしまったところに塗っても効果がなく、再び掻いて傷になってしまっていたので、炎症を起こしている部分は病院から処方された薬(アズノール)を塗っています。

成分
水、グリセリン、ワセリン、ジカプリリルエーテル、ステアリン酸グリセリル、ジメチコン、アーモンド油、セタノール、ステアリン酸PEG-30、ジメチコノール、酢酸トコフェロール、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、フェノキシエタノール、ベンジルアルコール、(アクリル酸グリセリル/アクリル酸)コポリマー、PG、EDTA-2Na、水酸化Na、メチルパラベン、プロピルパラベン

成分にアーモンド油が入っているので、ナッツ系のアレルギーがある方は注意が必要です。

「CeraVe(セラヴィ)」のレビュー

CeraVe Moisturizing Cream(セラヴィモイスチャライジングクリーム)

製品コンセプト

CeraVe(セラヴィ)は肌のバリアを向上させる事をコンセプトに、皮膚科医と提携して開発されたスキンケアブランド。
健康なお肌には必要不可欠な「セラミド」、「コレステロール」、「脂肪エステル」を含んだスキンケアを開発した最初のブランド。

CeraVe Moisturizing Cream(セラヴィモイスチャライジングクリーム)

CeraVe Moisturizing Cream(セラヴィモイスチャライジングクリーム)

セタフィルと同様、保湿力に優れたクリームです。
のびも良く、セタフィルと比較するとそこまで差を感じません。
馴染みも良く、ベタベタ感は塗った後3分ほどでシットリ肌になります。
病院の薬はどうしてもフローリングや扉に油分がついてしまうので、セタフィルとセラヴィに関してはそれらが無いのは良いです。
娘の場合ですが、セラヴィは炎症が起きているところに塗っても痒がる事が減った気がします。
成分が肌に合っているのかもしれません。
肌の強い私はどちらを使ってもたいした差は感じません。
最大のメリットは「セラミド入り」、「ポンプ式」という事です。
デメリットは日本では販売していないので、個人輸入しないといけないです。
(といっても簡単で、iHerbでポチるだけですが。)

iHerbって何?オーガニック製品が買えるアメリカの大手ショッピングサイト

【iHerb】アイハーブって何?オーガニック製品が買えるアメリカのショッピングサイトだよ熊倉マリです(@araiguma_mom)。今日はiHerbの紹介をしたいと思います。 タイトルの通り、iHerb(アイハーブ)はアメ...

成分
セテアリルアルコール、セラミド3、セラミド-6-II、セラミド1、ヒアルロン酸、コレステロール、ペトロラタム、ジメチコーン、リン酸カリウム、リン酸二水素ナトリウム、リン酸二水素カリウム、ラウロイルラクチル酸ナトリウム、EDTA二ナトリウム、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン、フィトスフィンゴシン、カルボマー、キサンタンガム

セラミドとは?

セラミドは肌の角質層で、細胞と細胞の中でスポンジのように水分や油分を抱えこんでいるような存在(細胞間脂質)です。 肌や髪のうるおいに欠かせない働きをします。肌の角質層は角質細胞が何層にも重なってできており、その一つ一つを接着しているような状況です。セラミドは細胞間脂質の主成分にあたり約半分の50%を占めています。もともと体内にある成分で、肌にうるおいを与えます。

要するに、セラミドとは乾燥肌にはなくてはならない成分。
ただ、セラミド入りの化粧品は何かと高い。
国産だと花王のキュレルが該当するけど、沢山使うにはやっぱりコスパが悪い。セラヴィは安いのにセラミドが配合されていて、それだけでiHerbから個人輸入する価値はありました。

「Cetaphil(セタフィル)」VS「CeraVe(セラヴィ)」保湿クリーム比較

Cetaphil(セタフィル)CeraVe(セラヴィ)
容量566g453g
値段\1,680(Amazon調べ)¥2,338(iHerb調べ)
匂い無香料無香料
使い心地ややこっくりややさらさら
メリット・Amazonやコストコなどで手に入る・ポンプ式で使いやすく衛生的
・セラミド入り
デメリット・ポンプ式ではない・日本では手に入れづらい
・ポンプ式は+300円くらい高い
・ポンプ式の場合、最後のほうはポンプですくいきれない

まとめ

「Cetaphil(セタフィル)」VS「CeraVe(セラヴィ)」を比較してみたところ、保湿力と使い心地に大きな差は感じられませんでした。
低刺激なので同じような成分かと思っていましたが、比較してみるとかなり違う事がわかりました。
いずれもパッチテストをして家族の皮膚に合ったモノを選ぶ事が重要でしょう。

熊倉マリ
熊倉マリ
長女の乾燥肌よ、よくなれ~